職人ブログ

塔婆製造・販売の(有)遠藤産業のブログです。塔婆職人という仕事を通じて 日々感じた事や気付いた事を書き綴っています。

3月を終えて

いつの間にか、桜も見頃をむかえ、葉桜もちらほら、すっかり春である。
そして3月最終日。
久々のブログ更新である。
お彼岸も無事に終わり、作業場の慌ただしさも一段落といった感じだ。


今年の始めに彼岸用塔婆の材料を、例年と同じくらいのボリュームで発注したものの、新型コロナの影響で全然売れなかったらどうしようと密かに不安に思っていたが、お陰様で例年通りの流れで、お客様から御注文を戴く事が出来た。
多少、在庫が多くなってしまった材料もあるが、許容範囲内なので問題はない。


春の彼岸が終わり、ホッとはしたものの、そろそろお盆用の材料を発注しないとね。
塔婆業界は夏季(5月~8月)が繁忙期である為、同業他社との兼ね合いで、材料が足りなくなった場合、発注から納品までに通常よりも時間を要する。
そうならないように、発注枚数も少し多めに設定し、数カ月前に発注しておく訳だが、かと言って、過剰在庫になると資金繰りも大変になるので、このさじ加減が難しくもある。


彼岸中、ある材料が過剰在庫気味になりそうで焦ったが、幸いにも新規のお客様から御注文を戴き、その在庫のお陰で対応する事が出来た。
まずいと思っていた事が、後々そのお陰で良かったという展開になる事もある。
商売をしていると、そういう出来事が往々にしてある。

商いは飽きない。
昔の人は上手い事を言ったものだね。





2月ですね

気付けば2月も中旬。
本年最初のブログ更新である。
遅ればせながら、明けましておめでとうございましたと、過去形での御挨拶。


さて、お彼岸を来月に控え、有難い事にお彼岸用の塔婆の御注文を連日いただいている。


『塔婆製造業あるある』・・・なのか分からないが、ある長さの塔婆の御注文が入ると、同じ長さの塔婆の御注文が連続するという現象が度々起きる。
さしずめ今週は5尺塔婆の御注文が続いているので、私は勝手に『5尺まつり』と呼んでいる。



未だにコロナ禍で世の中は混乱しているが、コロナであれ、何であれ、自己免疫力を高めて、健康に注意しながら彼岸に向けて頑張る所存である。


太陽の光をたくさん浴びて、呼吸を深く、体内に酸素をたくさん取り込む。
これだけで免疫力は上がるそうだ。
(ステイホーム、マスク着用、度が過ぎると逆に免疫力落ちそうな気がするな。あくまで個人的な感想である。)


免疫力を高める方法は他にも色々あるだろう。
気になる方はご自分で調べて見ることをお勧めする。


自分で調べる、これって物凄く大切な事だと私は思う。
人が言ってたから、テレビで言ってたから・・・
それだけを鵜呑みにするのは少し考え物である。
逆もまた然りで、そんな事聞いたことない、テレビで言ってなかった・・・とかね。
テレビは人の思考を停止させる機械だと私は思っている。


気になる事は、まず自分で調べてみる。


余談ではあるが、duckduckgoという検索エンジンがある。
これは公平な検索エンジンと言われており、最近私は何かを調べる際にはduckduckgoを利用するようにしている。
Gがつく奴は検閲等で情報が捻じ曲げられている、なんて話も聞くしね。


2020年を振り返る

久々のブログ更新である。
早いもので、2020年も残すところ、あと数日。
弊社は今日で仕事納めであった。


今年1年を振り返ってみると、新型コロナウイルスによって、今までの日常が日常でなくなってしまった1年だった。
友人達との飲み会も、軒並み中止になったりね。


仕事においては、コロナ禍により法事の延期などがあり、例年と比較すると、塔婆の納入時期が後ろにずれ込んだりした事もあったが、年間を通して大きな損害もなく、この1年を締め括れた事には、ただただ感謝の一言である。


仕事というのは、お客様は勿論の事、色々な関連業者さんの協力なくしては成り立たない。
その事は常に忘れてはいけない。


今年も色々と仕事上のアクシデントがあったが、材料業者さん、機械関係の業者さん、製版業者さん、運送業者さん等々、弊社に関連する多くの業者さんの協力があったからこそ、お客様に迷惑を掛ける事なくやってこれた。


業者さんに対して、お金を支払ってるのだから、それぐらいやって当然という考えは、無意識に態度に出るし、そんな高飛車な経営のやり方は、必ず流れをおかしくして、いつか上手くいかなくなる。
私はそう思っている。


ありがとう=有難い(有る事が難しい)
そこに起きた奇跡に驚嘆している事が感謝だ。

何かに書いてあった言葉である。


当たり前の事などない訳であり、だからこそ感謝するのである。


毎年、年末のブログで書いている事かも知れないが、来年も感謝の気持ちを忘れずに、流れを大切に仕事をしていきたいと思う。


それでは皆様、良いお年を。
ごきげんよう。

年末年始の休業に関するご案内

年末年始の休業に関するご案内です。

誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせて頂きます。
休業期間:2020年12月29日(火)~2021年1月4日(月)
なお、上記期間中もお見積もり・御注文等のお問い合わせは弊社HPのお問い合わせフォームにて受け付けております。

回答は1月5日以降に順次対応させて頂きます。
恐れ入りますが、予めご了承下さいます様お願い申し上げます。









遠藤産業ホームページはこちら

ふもとっぱらで肉を喰らう

以前、このブログで、キャンプに興味を持ち始めた事を書いたが、先週の日曜日に、遂にふもとっぱらキャンプ場でキャンプデビューを果たした。


夏前からコツコツとキャンプギアを一通り集め、ようやく人生初となるキャンプである。


(本当は9月にデビューしたのだが、テント設営と同時に激しい雨が降り始め、一目散にテントをたたみ、戦略的撤退をしたという苦い経験があるが、それは聞かなかった事にして頂きたい。)


当日は秋晴れで、絶好のキャンプ日和だった。
ふもとっぱらに到着し、テントの設営ポイントを探す。

朝から多くのキャンパーで賑わっており、人気エリアはほぼ先客で埋まっていた。


車でキャンプ場内を走って数分後、なかなか良い場所を見つける事が出来た。


DSC_0052


ここをキャンプ地とする。


テントを設営した後、とりあえず一服。
コーヒー豆をミルで挽く。
豆の砕ける心地よい感触と共に、コーヒーの香りが周囲に漂う。
いいじゃない。
富士山を眺めながら飲むコーヒーは格別にうまかった。


その後、薪を割り、焚き火台に火を入れる。
ここから私のやりたかった事が始まる。
肉を焼いて食べるのだ。


DSC_0054


初っぱなから肉を焼きたい所だが、ここは逸る気持ちを抑え、白ネギを焼いてみた。
これはこれで美味い。
やるじゃない。


そして、お待ちかねの肉を投下。


DSC_0055



熱々の鉄板に肉が触れた瞬間のジューッという音が食欲をそそる。
シンプルに塩で戴く。
間違いない。
スーパーで購入した普通の肉も、ロケーションが変わるだけで、極上の肉と化す。


日帰りの為、ノンアルコールビールを呑みながら、肉を焼いては食べをひたすら繰り返した。


DSC_0056


そして、第2段のステーキ爆弾を投下。
塩、わさび醤油、アウトドアショップで購入したスパイスで、それぞれの味を楽しんだ。



DSC_0058


第3段はスペアリブを投下。
奥さんが前日からタレに漬け込んだスペアリブはジューッという快音を響かせながら、うまそうなにおいを放った。
これまた絶品であった。


さすがに肉も飽きてきたので、米を炊いて、レトルトカレーをぶっかけて食べた。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰りの時間が近付いた。
夕陽に染まる富士山が、より一層切なさを倍増させる。
片付けをしながら、『帰りとうない。帰りとうない。』と心の中で何度も呟いた。


『1日は86400秒であり、人は毎日86400円を毎日手渡されているようなもの。それは何かに交換しても、何も使わなくても、どちらにしても毎日消えていくお金である。』
何かに書いてあった言葉だ。


私の残りの人生の時間が、どれぐらい残っているのか分からないが、時間というお金を極力自分のやりたい事に注ぎたい。
勿論、仕事は当然頑張るけどね。


今回のキャンプを通じて、生涯楽しめる趣味を見つける事が出来た気がした。
まだ寝袋を購入していないが、泊まりのキャンプも早く経験したい。

記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ