早いもので1月も今日で終わりである。
寒くなったり、暖かくなったりと不安定な陽気が続いているし、新型肺炎もヤバそうだね。
私は手洗い、うがいはあまりしないタイプの人間だが、今回ばかりは徹底しようと思う。
無駄な外出も極力控えようかね。


さて、仕事の話を少々。
1月も終わろうとしているが、数日前から彼岸用の塔婆の御注文が入り始めている。(有り難うございます。)
1月もそれなりに忙しかったが、これから春の彼岸に向けて、作業場も慌ただしくなる。


昨年末に超仕上げカンナ盤を買い換えた。
超仕上げカンナ盤とは、木材の表面をツルツルに仕上げる機械の事である。
塔婆製造業にとっては、作業の要と言っても過言ではない。


今まで使用していた機械より、カンナ刃の幅も広いので刃もちが良く、材料を送り出すスピードもゆっくりなせいか、カンナ掛けした後のツルツル感が癖になる。


塔婆は御住職が筆で文字を書くので、塔婆表面の仕上がりには我々も特に神経をつかう。
カンナ掛けがうまくいかないと、正直ストレスが溜まって、キィーーーーッてなる。


カンナ盤を買い換え、最初は使い勝手に慣れるのに苦労したが、以前よりも効率性が上がったし、何より私が作業していて楽しい。これが一番だな。



彼岸に向けて、快く作業が出来そうである。






遠藤産業ホームページはこちら