仕事においてエンドユーザーを常に意識するのは大切です。
ご注文を頂いた取引先が必ずしもエンドユーザーとは限りません。
その先に真のエンドユーザーが存在する事もあります。


僕の仕事は塔婆、仏具の製造・販売。
直接の取引先は、お寺さんや葬祭業者さんになる訳です。
でも本当のエンドユーザーは一体誰か・・・?
僕の仕事の場合は、法事やお葬式の際に塔婆を手にする、
檀家さんや葬祭業者さんを利用するお客さんなんですよね。


取引先に製品を納めればおしまい・・・ではなく
最終的に製品を手にする人の事を意識する・・・
そうする事によって、常に質の高い仕事が出来ると思います。
それでは皆さん、今日もお仕事頑張りましょう!


最後まで読んで下さって有難うございます!
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら是非クリックして下さい!


にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村