本日は葬儀に参列してきました。
まず最初に故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


地域によって、葬儀の形式は色々あるかと思いますが、私の住んでいる地域では隣近所の誰かが亡くなると、組合のほぼ全員の人が、通夜や葬儀の際の手伝いを行います。
ですから、参列と言うよりは、お手伝いに行って来たという表現の方が正しいかも知れません。


昨夜の通夜の際、御住職のお言葉の中で、故人の戒名に関する説明がありました。
故人の人生の歩みを振り返りながら、こういう理由で、この戒名を授けたという説明を、分かりやすい言葉でお話して下さいました。
素晴らしい御住職だと思います。
親族ではない他人の僕から見ても、戒名と故人がスムーズにシンクロしました。
そういった説明が有ると無いとで、遺族の方々の故人の戒名に対する気持ちも雲泥の差があると思います。
説明がないと単なる難しい漢字の羅列にしか思えませんから。


昨今では、戒名作成ソフトも出回っているようですが、やはり菩提寺の御住職にきちんとした戒名を授けて頂いた方が、僕個人としては良いと思いますね。
そして、戒名を単なる漢字の羅列に思わせない為には、御住職の説明は勿論ですが、それ以前に、御住職が檀家さんと普段から如何に密接な関を結べるかに尽きると思います。


ネットで調べたところ、戒名を授ける際に戒名説明書を作成しているお寺さんもあるようです。





ランキングに参加しています。
下のバナーをポチッと押してやって下さいませ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
富士山周辺地域情報サイト【ふじでこ】

遠藤産業ホームページはこちら