先日、友人達と呑んだ際に旅行の話になった。


『そう言えば最近このメンバーで旅行してないね。』


話は盛り上がり、春先に旅行する事になった。
題して地獄旅行。
さびれた民宿に泊まり、与えられた快適さ、楽しさではなく、自分達でそれを創り出していく、地獄だと思ったら実は天国だった、それを見つけてみようじゃないかという趣旨の旅行だ。


観光場所も事前のリサーチなどせずに、行き当たりばったりで決める。
世間一般の考えからすると、まともな旅行でない事は確かだ。


ひょっとしたら、そこに天国などなく、地獄そのものかも知れない。
ハズレの可能性もある。


最近の世の中は極端にハズレ(失敗)を恐れる風潮があるように感じる。
食事に出掛ける際、店の口コミを調べたり、情報番組で話題の映画、楽曲、書籍をチェックしておけば間違いないと思い込んでいる。
ハズレを掴みたくないという心の表れだろう。


私もそうだ。
学生時代はCDをジャケ買いしたりしていたが、今は情報サイトのレビューを参考にしたり、試聴して気に入ったものだけを購入している。


下世話な話になるが、その昔、ア●ルトビデオをレンタルする際、当時はネットでサンプル動画を見られるシステムはなかったので、パッケージ裏面の写真だけを頼りに、想像力をフルに働かせてレンタルしていたものだ。


CDもア●ルトビデオも当然アタリばかりでなく、ハズレもあった。
そうやって独自の嗅覚や直感や想像力を養ってきたのだ。(嘘つけ!)


ハズレを恐れ、あらゆる選択において他人の情報や意見に決定を委ねていると自分で考えたり、判断することが出来なくなる。
それは自分の人生でなく、他人の人生を生きている事と一緒じゃないか。


アタリもハズレも経験のひとつ。
ハズレがあるからアタリも際立つ。
ガリガリ君も毎回アタリ棒だったら興醒めだ。
今回の旅行は、そのメンバーで行くことに意義がある。
ならばハズレもアタリだ。
地獄旅行、今から楽しみだ。


ここから仕事の話。
昨日は特注サイズの5尺塔婆(105mm幅)の加工をおこなった。
材料単価が高いので失敗のないように、いつも以上に慎重に加工作業をおこなった。
失敗のないように。
さっきハズレもアタリと書いたが、仕事においてはまた別のお話。



DSC_0865
 






遠藤産業ホームページはこちら