12月も最後の週となった。
御注文頂いた案件の加工も全て終わり、納品又は発送の手続きを残す所となった。


今月は短納期の御注文が重なり、月初からバタバタし通しだったが、何とか無事に年末を迎える事が出来て正直ホッとしている。
そろそろ年賀状の作製にも取り掛からないと。


さて、ここからは仕事以外の話。
昨日12月24日は、妻のアラシゴト(嵐ファンの嵐に関する活動全般を指す)に付き合い、東京ドームへ。


今回のアラシゴトは嵐グッズ購入。
残念ながらコンサートのチケットは当選しなかったが、グッズだけは購入したいという妻の要望である。
なぜか毎年私も同伴している。



9時過ぎに現地へ到着したが、既に長蛇の列。
寒空の下、1時間程待った後、グッズを購入し終わった。



DSC_0130



DSC_0131


妻のアラシゴトは終わったが、私のお楽しみはこれからだ。
一年の締めくくりを飾る大一番、第62回有馬記念。
そう、競馬のお祭りである。


祭は派手にやってナンボである。
私はこの有馬記念に、競馬貯金と今月の残りの小遣いを全額ぶち込む事にした。
ま~つりだ、まつりだ、まつりだ、大漁ま~つり~ってか!ガハハハ!
スマホで馬券を購入。
一人で盛り上がる私を、妻は呆れた様子で見ていた。


東京ドームを後にした我々は、その後、買い物や食事やらで、都内を転々とした。


気付けば陽もどっぷりと暮れ、有馬記念も終わっている時間になっていた。
出先ゆえに、レースの映像は帰宅してから録画したものを観るつもりでいたが、やはり結果が気になる所である。


私はスマホでレースの結果を恐る恐る確認した。
私の買ってない馬が来ている。
ザ・瞬殺。


呆然とした私の姿を見て、妻が言った。
『祭じゃなくて血祭りになっちゃったね。』


上手い事言うね、君。



まさに血祭り。
クリスマスイブに、サンタではなく、サタンが私の所にやって来た訳だ。
その後、新橋で軽くお酒を呑んだ後、丸の内のイルミネーションを観る事にした。



DSC_0150



会場は多くの人で賑わっていた。
サタンに襲われた私は足取りも重く、こんな精神状態で、人混みなんか歩きたくなかった。
ふと我に返った。
カップル、家族連れ、友人同士、みんな、いい笑顔をしていた。

ただの人混みではなく、そこには愛に溢れた光景があった。


DSC_0141


私の中のサタンも、いつの間にか姿を消していた。
いや、最初からサタンなど存在せず、私の心が勝手に作り上げた幻だったのだ。



そんなこんなで、昨日はある意味で思い出深いクリスマスイブになった。
それでは皆様、愛に溢れた時間をお過ごし下さい。
メリークリスマス。