2018年も残すところ、あと数日となった。
年内納品分の製品の加工は無事に終了し、明日は納品、集金、作業場の大掃除といった感じである。

2018年を振り返ってみると、お陰様で新規のお客様も順調に増え、塔婆以外の仕事の御注文も戴き、製作内容の幅も増えた一年だった。

仕事が順調とはいえ、それは、たまたま今がそうであるだけの話である。
順調でなければ困るなんて要求はこちら側の勝手な都合に過ぎない。
常々思う事だが、慢心は禁物である。

お客様を始め、材料業者さんや関連業者さん等、弊社を支えて下さっている方々に感謝したい。
そして、この一年、病気や怪我もなく仕事が出来た事にも感謝したい。


さて、真面目な話はこの辺にして、下世話な話題で締め括りたいと思う。
今年も残すところ、あとわずか。
私の趣味(競馬)の話になるが、先週の有馬記念は今年も外した。

前日の夜までは、的中の買い目を予想していたにも関わらず、一晩明けて、ああでもない、こうでもないと考えだし、15番のシュヴァルグランを切ったのが裏目に出てしまった。
毎度の事ながら悪い癖である。

何かの本に書いてあったが、人は一日に6~7万回、自分の頭の中で、自分とおしゃべりしているそうだ。
内的対話というらしいが、その8割はネガティブな内容に偏っているとの事。

目下のところ、私のテーマは内的対話をやめる事である。
明日(12月28日)は2018年最後の中央競馬開催。
中山11レース、ホープフルSで挽回だ。
まだだ!まだ終わらんよ!